オーダーメイド履歴No.82
帯留め・蓮葉に蛙

帯留め・蓮葉に蛙


蓮葉と蛙のモチーフはこれまでにも金工・彫金文化で伝統的に使われてきたデザインでもあります。横長さ6センチほどある存在感のある作りですが帯留めなので軽さにも気を配りました。お客様も伝統的なデザインがお好きな方で当初から蓮葉に蛙と決めていらした感じもありましたので、デザイン自体にはさほど苦しまずにすみました。要となるのは仕上がりのアンティーク感はもちろんのこと主役の水滴である真珠、そして蛙の配置に苦心しました。作り的には殿様蛙地を銀、背には縦に3本模様が入るのでこれは金を象嵌しました。水滴の真珠、蛙の背中の金などがアンティーク感の中に気品を表わせたと思います。

次へ
前へ戻る
TOPページへ戻る


CopyRight(C)ITALU-YA.AllRightReserved.
※サイト内の画像・イラスト等の著作権は全て弊社にあります。無断使用、無断転用を禁じます。